ビルベリーの効果

ビルベリーの効果について。ビルベリーはブルーベリーの一種となっています。20~60㎝の落葉性の低木で、青紫色の果実をつけます。果実は約7㎜と小さく、果肉が柔らかくてつぶれやすい事と強い酸味があることが大きなビルベリーの特徴になっていますね。そのため、一般的にビルベリーの果実を生のまま食べることは少なく、ほとんどはジャムやジュースに加工して食べています。

ビルベリーの果実や葉は古くから食用や、薬としても人々の生活と密接に関係してきました。北欧ではジャム・ジュース・シロップ漬けなどにして整腸剤として食べられているそうです。ビルベリーは、青紫色の色素「アントシアニン」が豊富に含まれており、実の中心まで青紫色に染まっています。最近ではサプリメントの原料として利用されることも多くなっていますね。またサプリメント原料としてより吸収量を高めた「ナノビルベリー」という特許成分も販売されています。 続きを読む

柿渋タンニンの効果

柿渋タンニンの効果についてです。柿渋タンニンもそうですが、タンニンというものは植物に含まれています。柿だけではないと言う事ですね。いろいろな植物に含まれているのです。

ただ柿渋に含まれるタンニンの量は非常に多くて、柿渋に含まれる柿タンニンは「ワインの20倍」近く含まれています。また緑茶とタンニン量を比較すると「70倍以上」多く含まれていると言いますから、柿渋を消臭商品に利用する理由とはそのタンニンの含有量が非常に高いからで、高いからこそ、消臭効果も非常に高くなるということになるのです。

柿渋に含まれる柿タンニンとは、ニオイを元から分解する作用を持っていますので、柿タンニン入りの消臭サプリメントもしくは石鹸等を利用する場合、消臭効果も期待できると多くが売られているのです。 続きを読む

パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果

パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果について。このパラフェノールスルホン酸亜鉛にはどのような効果があるのででしょうか?パラフェノールスルホン酸亜鉛は、「収れん作用」を起こすとされる金属塩の一種です。まずは「収れん作用」という言葉から説明したいと思います。この収れん作用と言うのは、たんぱく質を変形させる事で体の組織や血管を縮める作用の事を収れん作用と言います。

具体的な話をすると、肌には毛穴や汗腺がいくつも存在します。この毛穴や汗腺をタンパク質を変形させた皮膜で蓋をして、普通よりも汗や皮脂の出る量を抑えるのです。汗や皮脂は、雑菌が分解してニオイを発生させる元になるものですので、この汗や皮脂の出る量が減ることによって、体のニオイが発生しにくくなるのです。

この収れん作用を持っている成分が入った商品には、デオドラント商品だけでなく、化粧品にもあります。柿やワイン、お茶などに含まれてる「タンニン」も収れん作用があり、「苦味」や「渋味」の正体はこの収れん作用にあり、幅広く自然界から配合されていたり、製品としても使用されています。柿タンニンも消臭効果が高いというのが常識になっていますよね。 続きを読む

L-シトルリンの効果

L-シトルリンという成分について。このL-シトルリンという成分はたんぱく質を構成しないアミノ酸となっています。このL-シトルリンが発揮をする効果としては、一酸化窒素を作り出したり、増やす働きがあります。この一酸化窒素と言うのは、血管を広げて血流量を増やす働きがあると言われています。

このL-シトルリンを摂取する事で体内の血流が良くなる効果があると言う事になります。男性への代表的な使われ方としては、ペニス増大に関するサプリなどに多く使われていますね。また女性への使われ方としては、冷え性予防、むくみの防止、肩こり改善、ダイエット効果など、こちらも血流が良くなる事で起きる効果が多くなっていますね。

L-シトルリンはスイカやキュウリなどの野菜の多く含まれています。

 

L-シトルリンを利用した商品を使う事によって、成長ホルモンの分泌促進により、筋肉増強やダイエット効果、生理不順改善、ED改善、血流改善により、冷え性の予防 や むくみの改善、血流増加による精力増強、肩こり・腰痛の改善といった数々の効果を実感する事ができる成分なのです。 続きを読む

イソプロピルメチルフェノールの効果

イソプロピルメチルフェノールの効果についてです。このイソプロピルメチルフェノールと言うのは主に消臭効果に優れていると言われています。

身近なところでは、体臭予防のデオドラントやワキガ、足臭用の消臭クリームなどに利用されています。

また一般的な化粧品にも含まれている事もあり、その理由は防腐剤や抗菌剤として使われているという感じですね。

イソプロピルメチルフェノールは、とても強いので利用する量を間違えると体に害を与えるとまで言われています。そのうらい強い効果を発揮するという事ですね。

またイソプロピルメチルフェノールこの成分にアレルギーを発症するケースもあるので、このイソプロピルメチルフェノールの配合された商品を使う場合は、自分の肌に合うかどうか?をしっかりとチェックして、もし肌にあわない場合にはすぐに利用するのを中止するのが良いと思います。

イソプロピルメチルフェノールは抗菌作用も高い成分ですので、やはり雑菌が関わってくるワキガの臭いを消臭する商品に多く使われています。

例えばワキガデオドラントとして人気のあるクリアネオという商品。このクリアネオにもイソプロピルメチルフェノールは使われています。 続きを読む

葉酸はこういう成分

【葉酸】について

葉酸という成分は、水溶性ビタミンB群の一種で、ビタミンB12とともに赤血球の合成の為に働きかけます。この合成の働きから、造血のビタミンとも言われているのが葉酸です。体内の葉酸のうち約50%が肝臓に溜まり、その他には細胞分裂の盛んな組織に多く存在しているのです。お腹の中の赤ちゃんが発育する妊娠中の女性や、乳幼児期、成長期のお子さんには特に必要な成分となっていて、厚生労働省によって妊娠中の摂取は妊娠していない時の2倍近い量の摂取が必要と言われるぐらいです。また葉酸は、光によって分解されます。アルカリ性では熱に安定で、酸性では熱に弱いという性質を葉酸は持っているのです。

【葉酸】を吸収する為に

葉酸は、葉野菜やレバーなどに多く含まれるビタミン。水溶性ビタミンであるため、茹でるなどの調理によって損失をされてしまいます。アスパラガスでは約90%に、菜の花やブロッコリーでは60%前後に、モロヘイヤやほうれん草では40%前後に含有量は減少してしまうのです。また光や熱にも弱い性質をもっているので保存の仕方には注意が必要ですね。新鮮なうちに加熱せずに食べられるサラダや納豆、果物の生搾りジュースなどして効率よく摂取する事も大切な事になってきます。葉酸は、ビタミンCによって活性型に変換され、カラダの中で効果を発揮します。また、葉酸はカラダの中でビタミンB12とともに働きます。このため、葉酸を摂取する時にはビタミンCやビタミンB12を一緒に摂取すると効率的ですね。葉酸は少しナイーブな性質を持っていますので、サプリメントなどで補うことも重要となってくるのです。 続きを読む